綺麗な景色について、「インスタ映え」と、小田原と。

こんばんは。ここ数日バタバタしててしばらくぶりになりました。

 

先日の記事でこんな話をしました。

negpen.hatenablog.com

 

最近「絶景」とか「綺麗な景色」というものが画一化されてきているように思う

勇気を出して新曲を聴くこと - Terra nullius

 まあそんなことを言いながらも愛用のミラーレス(SONY α6000)で景色のきれいなところに行っては写真を撮ってインスタにあげるなんてことをしています。私のフォローしている人はだいたい知り合いなので(いわゆる「リア友」というやつです。なんとなく死語な気がします)どちらかというと友だちとの日常の写真なんてものをアップしている人が多く、それはそれでリア充感が漂っているのですが、風景にこだわって投稿している人は少ないように思います。ツイッターでFFの某氏はインスタを始めよう。

 

少し前に、山口県角島大橋で「インスタ映え」を狙った写真を撮ろうと道の真ん中に座り込む人が多い、みたいなツイッターのネタが流行りましたが、「インスタ映え」という言葉はある程度明確な基準があるように思われるため、指標と見なせるのかもしれません。そこに倫理がなかっただけの話ですし、自己顕示欲がマナーやルールを追いやるなんていうケースはいくらでもありますから、考察に足る事例ではないでしょう。しかし、その構図で撮られた写真はインスタで調べてみるとかなり多く(心なしか最近は少なくなった気がしますが)その風景、この場合は人物も含まれているので厳密には人物画ですが、これを良いとみなす価値観が「インスタ映え」における指標なのかもしれません。

先日の記事ではウユニ塩湖を取り上げました。私の知人でも何人もウユニに行った人はいますし、facebookにそこで撮った空と湖面の上下対称の写真はどれも美しかったです。時間とお金があればこの目で見てみたいものですが、無意識のうちにそれを良いと思う価値観が私の中にはあるわけです。なんとなく対称なものを良いとみなす美意識は分かる気がしますし、きっと青天は曇天よりも美しいと思われるのでしょう。晴れるのを待っている間の曇天のウユニは、晴れた後の青よりもくすんで見えます。

その一方で、異なる美意識というのもたしかに存在するはずです。なのに私たちは、ともすれば独自の美意識を隅に追いやってでも、普遍的に美しいと思われる、「インスタ映え」なんてものを目指すわけです。よくある普遍主義と相対主義の議論ができそうです。

でも、写真が作品として成立するのは専ら独自の美意識を押し出した写真であるように思います。「世界の絶景」なんかでウユニやらオーロラやらが取り上げられるとき、たしかに人々の心をつかむことはできるでしょうが、そういった写真にはたとえ日常の風景を切り取ったものであっても独自の美意識に基づく作品としての写真の持つ深みがないような気がします。

 

この話の終着点は、先日行った小田原の写真を見てくれ、というところにあるのですが、見返してみると私もせいぜいインスタ映えはしそう、レベルにとどまっている気がして、偉そうに語った上の内容を証左するものたりえないことが恐縮です。今すぐ上の文章を全部消そうかレベルです。

まあそんなわけです。小田原に行ったのはわけがありまして、私はよく帰省の際に青春18きっぷを使うのですが、小田原あたりで見える海の景色がとてもきれいで、海からほど近い駅もあったので、そんな駅からはどんな景色が見えるのか、一度降りてみたいとずっと思っていたのでした。18きっぷの期間はすでに切れていたため、小田急で小田原まで行ってJRに乗り換えるという経路でしたが。

f:id:negpen:20170929234840j:plain

このホームの先が海です。先側からは写真を撮ってはいけないそうで、ここからの写真になります。(根府川駅という駅です)

f:id:negpen:20170929235114j:plain

海は案外荒く、SPLASHみが深い。

f:id:negpen:20170929235741j:plain

小田原の御幸の浜海岸でした。トリップアドバイザーを見たら「あえて海を眺めたい人向き」と書いているレビューがあり、ぴったりだなと思いました。波の音もいい。

f:id:negpen:20170929235935j:plain

小田原城にも行きましたが、ちょうど入城時間は終わっていたので下からだけです。

f:id:negpen:20170930000235j:plain

近くの早川漁港では魚市場で食堂があり、例によって?海鮮丼をいただきました。今回はまぐろ丼。

f:id:negpen:20170930000324j:plain

かき氷の店「ひととせの雪」では、果物をそのまま凍らせてスライスしたかき氷があって、めっちゃおいしい(こなみ)んですけど、1時間以上は並んだっけ。

 

夏休み最後の日を使って行ったデイトリップとしてはとても良かったですね。次の日から大学という憂鬱を少しは忘れて1日を過ごせました。

 

それでは。