勇気を出して新曲を聴くこと

こんばんは。

 

好きなアーティストの新曲を聴こうとするときって、少し緊張するような、置いておきたいような感じがします。その緊張は新しい世界に踏み入れるときのそれに似ているようで、ちょうど例えば、大学に入って初めてクラスの人たちと話すオリ合宿に行くときのような気分でしょうか。

そんな曲も、長い時間聴き慣れると、当初の鮮やかさは失われてしまうようです。もちろん聴き続けても飽きない曲はありますが、そういう曲でも「飽きる」とはまた別の、新しい曲を聴く感覚はやはり失われてしまうように思います。2年目のオリ合宿は知り合いと行った、ある種いつも通りのものでした(それはそれでいいものですし、だからこその良さもあるわけですが)。

だからこそ、「置いておきたい」のでしょうか。

 

そんな「置いておいた」曲を聴いた、という話です。少し奇妙なタイトルはそういう意味です。

好きなアーティストの中でも比較的古くから好きだったMr.Childrenの「himawari」という曲です。そのうち他の好きなアーティストの話もしたいなと思いますが、それはいずれ。割とmiwaについては(少し違った視点で?)語れる気がします。

その点ミスチルは純粋に曲(構成要素として歌詞やメロディー、全体として)が好きなので、今回の新曲もミスチルの世界だなぁと思ったくらいです。あまり深く語れません。強いて言うなら、小林武史プロデューサーから離れたミスチルが歩む路線の中では素直で(ミスチルに向かって素直とは偉くなったもんだ)、それでいて強烈な印象を受けます。たぶん強烈な印象は歌詞の鮮烈さと、Live Ver.のYouTubeで聴いたせい。PVを見ると違う曲かのように思ってしまいます。

www.youtube.com

www.youtube.com

そういえば少し「GIFT」に方向性が似てなくもない…?(同じ人がつくってるんだしそういうのって往々にしてある)

それはそうと、YouTubeで聴いてたのですがまあ印象深いのはやはりPVでしょうか。丹下紘希さんという方がつくっているんですがこれまでも結構この方がつくったPVは多く、(今思いつく限りでは一番好きな)「Any」やさっき書いた「GIFT」もこの方の作です。

 

ただ今回のPV、これまでと比べてもかなり攻めてる(PVで攻めてるって表現はどうなのか)んですよね。アニメーションの効果音を音楽に重ねたこともこれまでのミスチルではあんまりなかったような…(GReeeeNの「ミセナイナミダハ、きっといつか」みたいな。誰も知らなさそうだし、eの数が合っているかも定かではないくらい)

 

そういえば。最近「絶景」とか「綺麗な景色」というものが画一化されてきているように思うんですがどうでしょう。「インスタ映え」なんていうのもそれに近いんですけど。なんでそれを言うかというと、上に貼ったPVのサムネイルがちょうどそうなんですが、ウユニ塩湖のイメージですよね(違うかったらすみません)。たしか「四月は君の嘘」のOPとかでも使われていて印象的ですが、ウユニ塩湖使われ過ぎですよねいろいろと。

もちろん富士山がきれいとか、ウユニ塩湖が絶景とか、きっと100人に聞いてもみんな同意しそうです。シンメトリーとか、色彩とか、そういった要素で考えることもできるでしょうし、みんながそれをきれいということ自体は不思議ではないでしょう。

 

話題が変わりそうなので、次回に回してみます。こうやってネタは小出しにする。

 

それでは。